清閑亭 ~邸園交流でまちづくり~

machien5.exblog.jp

【参加者募集!】11/19(木)学んでガッテン学芸員講座㉕「川崎長太郎―私小説を生きる」

-------------------------------------------------------------------------------
あまり知られていませんが……
小田原市役所には学芸員さんが(実は)たくさんいらっしゃいます。
彼らはそのスキルを活かし、それぞれの現場で独自のお仕事をされています。
「学んでガッテン学芸員講座」は、そんな学芸員さんのお仕事と人となりを、
市民の民さんにご紹介すべく毎月一回開講しています。
-------------------------------------------------------------------------------

学んでガッテン学芸員講座㉕
「川崎長太郎―私小説を生きる」
c0110117_15245667.jpg
小田原文学館で開催中の特別展「川崎長太郎の歩いた路(みち)」にあわせ、
担当学芸員の鳥居さんにギャラリートークをしていただきます。

明治34(1901)年、小田原に生まれた川崎長太郎。

長太郎は芥川賞候補ともなった私小説家で、
小田原の路地裏に生きる人々を題材にした〝抹香町もの〟と呼ばれる
小説をいくつも発表し、戦後に一大ブームを巻き起こしました。

20年にわたり、海辺の物置小屋に起居し、
執筆を続けながら、市内散歩を日課として、
街の人々から「長さん」「川長さん」と呼ばれ親しまれました。

今年没後30年を迎える川崎長太郎。
学芸員さんの解説を聞きながら、
長太郎の〝歩いた路〟を一緒にたどってみませんか?



展覧会会場には、長太郎が起居した物置小屋の一部分が原寸大で再現され、
また小屋の全体模型が10分の1の大きさで展示されています。
(全体模型は1階で、原寸大の一部再現は3階で見ることができます!)


日 時 平成27年1119日(木)13:30~15:00

講 師 鳥居紗也子さん(小田原市立図書館)

会 場 小田原文学館(小田原市南町2-3-4)

お申込み・お問合せ 清閑亭(TEL・FAX 0465-22-2834)まで。

【主 催】小田原邸園文化ネットワーク


小田原文学館 没後30年特別展「川崎長太郎の歩いた路」チラシ ↓
c0110117_15365092.jpg

c0110117_1537214.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://machien5.exblog.jp/tb/24842816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by machien5 | 2015-11-18 15:21 | Trackback