清閑亭 ~邸園交流でまちづくり~

machien5.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

利島が見えます!

立秋を過ぎても、昼間は一向に涼しくなりませんね。
今日も小田原はかんかん照り。日向は地獄の暑さです!!

でも、8月の日差しを浴びた青ーい海の向こうには、普段見えないとんがり帽子のような島影。
そう、伊豆大島の南にある、利島が見えているのです!
c0110117_12103715.jpg


え、どこにあるか分からない?そうですね、写真だと分かりづらいですね。
では、ズーーームアップ!
c0110117_1294977.jpg


夏は大気中の水蒸気が多く、遠くまで見通せないことが多いのですが、今日は乾燥しているのでしょうか。
これから秋、冬と季節が進むにつれて、利島が見える日も増えると思います。

今度は新島や式根島が見えたらレポートしますね!
[PR]
by machien5 | 2010-08-27 11:56 | 小田原の邸園から | Trackback

8月24日 「自然観察会」開催

c0110117_178983.jpg

8月24日(火)清閑亭にて、
小学生向けの「第2回自然観察会」を開催いたしました。

時間は、午前9時~と午後3時~の2回。
講師は、市内南町で「はこね・おだわら昆虫館」をされている佐藤勝信先生。

前半は清閑亭内・その周辺の散策、後半はみんなでまとめの時間。

佐藤先生から参加してくれたお子さんに、
先生特製の「箱根の昆虫」一覧ポスターがプレゼントされました。

どちらの回も人数は少なめでしたが、
お子さんも保護者の方も、私たちスタッフも一緒になって
自然を楽しみました!

午前の部のひとコマ。
c0110117_16131116.jpg

午後の部のひとコマ。
c0110117_16141225.jpg


佐藤先生お手製の虫とり布セット(布と木の棒)で、
木にいる虫たちを落として採集。

清閑亭に戻り、みんなで見つけた虫を昆虫ポスターなどを使って、
調べました。
c0110117_16185529.jpg

植物は、カラスウリの花、ヤマイモの花・・・
昆虫は、マメコガネ、オンブバッタ、ハゴロモ、スズメガの幼虫・・・
いろいろな植物、昆虫に出会えました!
まだまだ清閑亭周辺には、たくさんの植物、虫たちがいることでしょう!!
[PR]
by machien5 | 2010-08-25 17:11 | 邸園交流イベント報告 | Trackback

8月20日 「季節のちりめん細工教室」報告

c0110117_15175050.jpg

8月20日(金)午前9時より、「ちりめん細工教室」を行いました。

今月の作品は、「キタキツネととうもろこし」(↓写真真ん中)
c0110117_15213897.jpg

参加者は11名(大人10名、中学生1名)。
1人1セットずつちりめんなどが配布され、製作開始!

講師の安藤百合子先生のご指導のもと、
みなさま途中で休憩もなさらずにコツコツと、でも和気あいあいと製作をされていました。

縫う作業があるので少し時間がかかってしまい、
終了予定時間の12時以降も残れる方だけで製作を続けました。
c0110117_15394340.jpg


みなさん、やはり完成まではいかなかったようですが、
キツネの頭部までは仕上げていかれたようです。
表情がひとりひとり違い、個性がそれぞれ出ていました!

次回9月の「季節のちりめん細工教室」は、
9月24日(金)です。
9月は「菊の壁掛け」を製作予定です!
※参加費1回2000円(材料費・お菓子・お茶代)がかかります。
お申込みは、清閑亭(0465-22-2834)まで。
みなさまのご参加をお待ちしております!
[PR]
by machien5 | 2010-08-21 15:49 | 邸園交流イベント報告 | Trackback

アサガオ咲いています

c0110117_14211030.jpg

清閑亭玄関前の朝顔。

2つある鉢のうち1つに、今花が咲いています!

青い色の朝顔。
見ているとこちらまで涼しさを分けてもらえるような、
そんな素敵な色をしています。

私もこんな暑い日は、この色に溶け込んでしまいたい・・・


隣の鉢はもう少しお花をつけるのに時間がかかりそうです。

まだまだ暑い日が続きます。
みなさま、お体を大切に…。
[PR]
by machien5 | 2010-08-18 14:39 | 小田原の邸園から | Trackback

「ちりめん細工教室」のお知らせ

こんにちは。
清閑亭より、「ちりめん細工教室」のお知らせです。

8月より毎月一回、「季節のちりめん細工教室」を開催することになりました。

開催要項は以下の通りです。

講  師:安藤百合子さん
場  所:清閑亭
日  時:8月20日(金)9時~12時
      9月24日(金)9時~12時
     ※10月以降も毎月開催。1回だけの参加も歓迎!
参加費:1回2000円(材料費含む。お茶・お菓子つき)
主  催:NPO法人小田原まちづくり応援団
※参加には事前のお申込みが必要です。


毎月ひとつずつ季節感あふれるちりめん細工を作り、
つるし飾りを目指します。もちろん初心者の方、1回のみの参加も歓迎です。

ちなみにこちらの作品は先月(7月)の作品です。講師の安藤さん作です。
c0110117_14584086.jpg



そして、8月の「ちりめん細工教室」では・・・
c0110117_15141621.jpg

「キタキツネととうもろこし」を製作予定です。

歴史ある建物の中で、歳時記飾りを作ってみませんか?

8月もまだ定員に余裕がございます。
参加のお申込みは清閑亭まで!
[PR]
by machien5 | 2010-08-10 15:24 | イベントのお知らせ | Trackback

中学生邸園調査探偵団・葉月ぞろ目の邸園交流かふぇ


2010年8月7日(土)・8日(日)の2日間にわたって、「中学生邸園調査探偵団」を開催しました。

この「探偵団」は、小田原ではぐくまれた別荘文化を、地元の中学生に実感してもらおうという企画。

初日の7日は、5人の中学生が参加して、小田原、それも天神山界隈に
別荘が多かったのかを解明してもらう、謎解きのまちあるきをしました。

探すポイントは、ずばり、「眺めのいい場所」と「涼しい場所」。

c0110117_1228161.jpg

ひりひりした日差しが照りつける午前中1時間ほど界隈を歩きまわり、ポイントをチェックしました。

2日目の8日は、6人の中学生が参加。

今度は、地元の方から、自慢のポイントを教えてもらいました。

1時間ほど、ボランティアガイドもされている方の案内で、ふたたび界隈を散策。

c0110117_12291653.jpg

長くアメリカで過ごし、自らの腕で稼ぎつつ、5人の子どもも育てあげた瓜生繁子さんのこと。

欧米の先進国にたいして、何とか自立してがんばろうとした秋山真之海軍中将のこと。

この界隈ゆかりの方たちの人柄にかんする熱弁に耳を傾けながらの散策でした。

ついで、30分ほど、3人の住民の方から、地域の自慢について。

熱海への乗り換え駅があった当時のにぎわいや、天神社の縁日のこと、
別荘のなかを色々な抜け道があって楽しかった子どもの頃のこと、
色々なお話をうかがいました。

その後、うかがったお話を、白地図にまとめあげました。

c0110117_12283055.jpg


最後に、中学生がまとめた地図を囲みながら、
葉月ぞろ目の邸園交流かふぇを開催しました。

まず、中学生2人から、歩いて見つけた界隈の魅力ポイントを紹介したあと、
住民の方も交えたフリートーク。

実際に、歩いてみた実感として、
■まだまだ知らない抜け道をいかして、お城や板橋のほうと回遊できるとよい!
■抜け道に通じる坂道が、「ちょっとのぼってみたくなる風情」があるとよい!
■抜け道回遊をするためにも、わかりやすい案内板がまだまだ必要!

といった意見が多く出ました。

特に、
■清閑亭にのぼる坂をもっと風情があるようしたら、足を運ぶ人も増えるのでは?
■瓜生さんの邸宅にのぼる瓜生坂の石垣はいかしたい。
■清閑亭の正門も開けると、人の流れも代わるのでは?

といった具体的な意見もありました。

また、忘れてはいけないのが、界隈の名前の由来にもなっている「天神さん」。

長い歴史もあり、芭蕉の句碑など趣のあるものも多く、
何より、学問の神さまということで、これから受験を控えた中学生は、
ぜひともおまいりを!

ということで、尽きない話はお開きになりました。

ふだん、「邸園」という角度から地域のことを考えたこともなかった中学生には、
歴史の知識も乏しいなか、住民の方たちの話についてゆくのが精一杯という面もありつつ、
「眺めがよくて涼しい」とっておきの場所として、
この界隈を見直すきっかけになったのでは?と思います。

次回の長月ぞろ目の邸園交流かふぇは、お城の「土塁」がテーマ。
邸園の眺めのよさも、もともと土塁のうえに建てられたからこそ。

お城好きの方もぜひ集まってください!
[PR]
by machien5 | 2010-08-08 21:59 | 邸園交流イベント報告 | Trackback

ぬか袋で・・・

8月3日(火)清閑亭で行われたお掃除体験イベントの際、
主催団体の「小田原の文化と教育を語る会」の方から
その時に使用したぬか袋を何袋かいただきました。

それから私たちスタッフは
時間を見つけてはぬか袋を握りしめ、清閑亭内をゴシゴシ・・と
磨いています。

柱や床板、欄間を
ぎゅーっ、ぎゅーっ、ぎゅーっ・・

よいしょっ、よいしょっ、よいしょっ・・

c0110117_15261082.jpg


・・・すみません。ブレてしまいました。
そうです。少し力を入れて磨かないとピカピカにはなりません!

ぬか袋で磨き始めてから、
つやつや、ピカピカしてきたところが何箇所かあります。

この柱もその一つ。
c0110117_15493144.jpg

玄関近くの柱です。写真では分かりづらいですが、
確かに光沢が増している気がします。

このまま磨き続けていけば、きっともっとツヤツヤしてくるはず・・・!?

清閑亭で建物やお庭を見るだけではなく、
実際にぬか袋で清閑亭を磨いてみたい!という方は
スタッフまでお声をおかけください!
[PR]
by machien5 | 2010-08-07 17:37 | 小田原の邸園から | Trackback

小田原ケーブルテレビで紹介されました

清閑亭でお掃除&論語の素読をしよう

3日(火)南町にある国の有形文化財「清閑亭」で親子そろって清掃し、清掃後には、昔の寺子屋のようにみんなで勉強しようという貴重な体験のできる催しが行われました。
まずは、参加者全員で清掃を行いました。子ども達は庭にある空池の石を洗い、保護者たちは、畳や床、壁などを一時間かけ一生懸命掃除しました。
この清閑亭は元貴族院副議長の黒田長成の別荘として、明治末期から大正初期に建てられた由緒ある建物で、平成17年7月、国の登録有形文化財に登録されました。
また現在は、NPO法人小田原まちづくり応援団によって一般公開され、2階からの海の景色と座敷からの庭園の眺めが、小田原の自慢できる名所といわれています。
清掃が終わると続いては勉強の時間。講師には、寺子屋石塾を主宰し、小田原の文化と教育を語る会の会長を務める岩越豊雄 さんを招き、論語を参加者みんなで素読みしました。
この日会場には、35名の親子が参加し、貴重な文化に触れる良い機会となっていました。
(2010年8月5日 小田原ケーブルテレビ「地域情報」)
[PR]
by machien5 | 2010-08-06 22:35 | イベントのお知らせ | Trackback

親子でお掃除体験&論語の素読

8月3日(火)、
「清閑亭でお掃除&論語の素読をしよう」
(主催:小田原の文化と教育を語る会/NPO法人小田原まちづくり応援団)
というイベントを開催しました。

時間は午前9時30分から11時30分までの2時間。
親子約30名が参加してくれました。

前半はお掃除体験、後半は論語の素読。

まずは、前半のお掃除。
子どもたちには、北庭のから池部分から出てきた石を
タワシを使って磨いてもらいました。
c0110117_14152689.jpg

小さい石や…

c0110117_1561594.jpg

大きい石も…

磨き終わった石はブルーシートの上へ。

大人の方には、室内の掃除をしていただきました。
c0110117_15261628.jpg

雑巾やぬか袋で、柱・床・畳などをゴシゴシ・・・。

そして、後半の論語の素読。
講師は、寺子屋石塾主催で「小田原の文化と教育を語る会」の会長でもある岩越豊雄さん。
c0110117_15305029.jpg


みんなで
「子日く、・・・」
と声を合わせて繰り返し素読をしました。

子どもたちの元気な声が清閑亭に響き渡っていました!
[PR]
by machien5 | 2010-08-05 16:46 | 邸園交流イベント報告 | Trackback

収穫!

c0110117_1327160.jpg


先日、清閑亭の敷地内で、ミョウガを収穫しました。

もうお花が開いてしまっていましたが、思っていたよりもたくさん収穫でき、
“清閑亭産ミョウガ”をしばらく私はうっとりと眺めておりました。

そして、数日後にもまた収穫。
このときはご近所の方に少しおすそ分けに行きました。

2日間で合計35個ほど収穫!

私も自宅に何個か持ち帰り、きざんでかつお節とお醤油をかけ、
おいしくいただきました。

やはり直接収穫したものはいいですね♪
[PR]
by machien5 | 2010-08-05 14:20 | 小田原の邸園から | Trackback