清閑亭 ~邸園交流でまちづくり~

machien5.exblog.jp

【無事終了しました】春の小田原満喫ツアー第一弾! 小田原邸園めぐり

おはようございます!
お花見は今日明日くらいがピークですね。
今日も二の丸広場ではおでんサミットが行われています。(食べたくなりますね…)

さて、4月5日(土)に行われました「春の小田原満喫ツアー第一弾!小田原邸園めぐり」が無事終了しました。
その報告を私、まち歩きガイドの「お茶」こと村山からさせて頂きたいと思います。

松永記念館(旧耳庵松永安左ヱ門邸)、小田原文学館(旧田中光顕別邸)、清閑亭(旧黒田長成侯爵別邸)をじっくり巡るまちあるき。
一日中歩き回ったわけですが、お天気が良かったので、まち歩き日和の素敵な日でしたね。

というわけで、9時半に箱根板橋駅を出発し、松永記念館へ。
学芸員の中村さん、浜田さんより、館内案内をして頂きました。

敷地内にある大きな大木、老欅荘の名前の由来にもなっている欅(けやき)の木の前では、沢山の方が撮影をしていました。
c0110117_11374542.jpg

老欅荘内の畳が7種類あるという話がされた時は「おぉー!へぇー!」という沢山の声。

ガイドを聞いた後は皆さんでお茶を頂きます。
いくつか選べる茶室のうち、私たちガイドは葉雨庵へ。
近代小田原三茶人の一人、野崎幻庵が建てた茶室です。

茶菓子はなんと!今日限定の盛月さん特製耳庵饅頭!
c0110117_11331728.jpg

あんこたっぷり!美味!(私たちも頂きました。お饅頭の甘さが幸せ)

こうして心もお腹も満足な中、次の目的地、清閑亭へ向かいます。

実はこの日の清閑亭は過去最大級に忙しかったのです。
桜舞い散るおでん祭りが二の丸広場で行われていた上に、ここ最近の清閑亭の認知度アップの影響もあり、花見がてら行こうかというお客様のご来場も増えたんだと思います。本当にありがたいことです。


清閑亭では、一夜城ヨロイヅカファームの古屋シェフ特製の「春うららフレンチ弁当」を皆さんで頂きます。
古屋シェフは、都内で修行後、フランスやベルギーの三ツ星レストランで修行・活躍された、一夜城ヨロイヅカファームではオープン当初から料理長をされている方です。

c0110117_11371628.jpg

食後に私とガイドの松山により館内のご案内。
あいにく相模湾の先が曇っていたので、伊豆大島はうっすらとしか見えなかったのですが、
それでも皆さんから「きれいー!すてきー!」という声を頂き、大変うれしく感じております。

また今の時期は若手木工家グループ、いぶき会の方々による春のいぶき展が行われており、
その展示品を見ながら、いぶき会の方々からお話を聞いている姿も見受けられました。
何名かの方には購入もして頂きましたね、ありがとうございます。
私も帽子にいぶき会の方のブローチをつけています。

さて、その後は小田原文学館へ。
こちらでは鈴木さんに特別展と白秋童謡館の案内をして頂きました。
私は鈴木さんのガイドを初めて聞いたのですが、ハキハキしていて素敵な声でした。
c0110117_1138535.jpg

現在の特別展は「井上康文 ある民衆詩人の足跡」です。
小田原出身の詩人・福田正夫らと大正時代に雑誌『民衆』を創刊した詩人です。

小田原ゆかりの作家・詩人は本当に数多く存在しています。
そういった方々の事を専門家の方から聞くのは
本当に楽しいですね!!

ガイドを聞いた後はティーブレイク。
ケントスコーヒーのコーヒーと
一夜城ヨロイヅカファームの「シュー・ア・ラ・クレム」←つまり、シュークリーム

カスタードたっぷり!美味!(私たちも頂きました。カスタードの甘さが幸せ)

じゃんけん大会による小田原バンダナ争奪戦も行われました。
私の、じゃーんけーんぽーい、で宝物ゲッターを決めたのですが、
ヨロイヅカファームのシュークリームのように、サクっと決着がついてしまったのでした。

最後に二の丸広場で解散。
きっと解散後は桜を見ながらおでんを食べたんでしょう、すてきですね!
機会があれば今度小田原おでんの魅力を語ろうと思います。

参加者の皆さん、一日お疲れ様でした。
参加して下さってありがとうございます。

ツアーは楽しかったですか?
私は楽しかったです(笑)


まち歩き観光ガイド
お茶こと、村山寛明でした。
[PR]
トラックバックURL : http://machien5.exblog.jp/tb/21955867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by machien5 | 2014-04-06 11:26 | イベントのお知らせ | Trackback