清閑亭 ~邸園交流でまちづくり~

machien5.exblog.jp

ティーサロン開催中

c0110117_1059526.jpg


清閑亭の気持ちよいお庭と、相模湾を眺めながら、美味しいお菓子をつまんでゆったりまたりティータイム。
そんなステキな企画が期間限定・人数限定で行われています。
その名も「清閑亭ティーサロン・観月編」。
このティーサロンでは、神奈川のお茶のブランドである「足柄茶」を、様々な飲み方で楽しみます。
さらに、お月見にちなんで、お芋や栗をつかったお菓子をたっくさん用意して、おなかも満足!

作法を気にせずのんびり楽しむことがこのティーサロンの目的。
いわゆる「お茶会」ではないので、「和服着ないと…」とか、「お作法が分からない!!」なんていうご心配はご無用。カフェ風のテーブルセットで楽しんでいただきますので、長時間の正座ができないという方もご心配なく。

10月27日、11月17日、11月22日、11月29日の回には、まだわずかながら空きがありますので、急いで参加お申込みを!!

時間・料金等の詳細は、「まちえんの活動予定」のブログでご確認ください!

---------------------------------------------------------
神静民報(2010年9月26日)に募集記事が掲載されました。

c0110117_1256653.jpg

---------------------------------------------------------
ポスト広告(2010年10月1日・通常西湘版)に募集記事が掲載されました。

c0110117_15153055.jpg

---------------------------------------------------------

あしがらネットラジオ2010年10月4日号でもとりあげられました。
“和の空間”で〈足柄茶〉の奥深さに迫る!  清閑亭ティーサロン~別邸で楽しむ《足柄茶歳時記》
(今朝のあしがらネット瓦版)



 築100年の歴史を刻む“和の空間”清閑亭(せいかんてい。小田原市南町)で〈足柄茶〉の奥深さに迫る「清閑亭ティーサロン~別邸で楽しむ足柄茶歳時記・観月編」が人気を集めている。清閑亭(国登録有形文化財)は明治末から大正時代に旧福岡藩主直系で貴族院副議長を務めた黒田長成(くろだ・ながしげ)侯爵の別邸として建てられた。主催は、明治期の政財界や文化人ゆかりの邸宅を小田原邸園文化の“まちおこし”に活用する「NPO法人小田原まちづくり応援団」。講師は日本茶アドバイザーの石崎雅美さん。
 同サロンでは、「足柄・くき茶」を大井の里に湧く富士山の伏流水で味わうウエルカムティーに始まり、蓋(ふた)付茶器で旨みと甘み(一煎目)、爽やかな苦み(二煎目)、深い味わい(三煎目)と違う味が楽しんだ後、醤油や酢醤油をかけて茶葉を味わう「足柄うまみ茶 花里の雫(はなりのしずく)」、熟成蔵出しの一番茶「足柄茶・秋せんえん」など“秋のひと時”を足柄茶の奥深さで楽しむ。また、お茶請けには、地元の和・洋菓子店自慢の〈秋の干菓子〉〈月見まんじゅう〉〈くるみといちじく〉や京都・宇治田原の〈あられせんべい〉などを揃えている。
 10月の予定は18・20・25・27日。時間はいずれも午後1時30分~午後3時。定員は5人(先着順)。費用は1500円(資料、お茶、お茶請け代込み)。申し込み・問い合わせは、清閑亭(℡0465-22-2834)へ。

 ■音声は、「清閑亭ティーサロン」の魅力を語る石崎雅美さん


---------------------------------------------------------------------------
小田原箱根経済新聞2010年11月22日号でもとりあげられました!

別荘と邸園文化に触ながら足柄茶を楽しむ-清閑亭でティーサロン開催
(2010年11月22日)

c0110117_19591766.jpg
足柄茶のうま味を楽しむティーサロン風景
 


 かつての黒田長成侯爵の別荘「清閑亭」が小田原邸園交流館として公開・利用されているが、地元・神奈川で栽培される「足柄茶」の魅力を満喫する「清閑亭ティーサロン」が開催され好評を博している。

 同茶会は、日本茶アドバイザーで足柄茶コミュニケーターの石崎雅美さんが担当し、足柄茶と季節にふさわしい菓子を味わいながら、歴史的な建造物の中でゆったりとした空間と時間を過ごす趣向。「うまみ茶という手法でいれた味は、小田原に受け継がれている別荘と邸園文化に良く合う」と石崎さん。

 今後の開催日程は今月22日、29日。各13時30分~15時。定員は先着各5人。費用は1,500円。希望者は清閑亭(TEL 0465-22-2834)まで事前申し込みが必要。
[PR]
トラックバックURL : http://machien5.exblog.jp/tb/15335955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by machien5 | 2010-10-23 11:02 | 小田原の邸園から | Trackback